最新記事一覧

準備を代行してくれる

男女

移転時に検討すべきこと

事業規模の拡大や縮小、またビジネスを行う上での立地選択等の理由で事務所移転を行う会社は少なくありません。事務所移転は簡単に行えそうなイメージがありますが、実際にはオフィスレイアウトの再設定や、オフィス備品の搬送など、移転を完了させるまでには様々なプロセスが発生します。こうした事務所移転に伴う様々な事務負荷を少しでも軽減したいのであれば、利用を検討しても良いと考えられるサービスが幾つかあります。まず第一にオフィスレイアウトプランの策定や内装工事に関する事務のアウトソースです。こうしたサービスは事務所移転関連業務を専門に行う引越し業者や、個人の建築事務所などが提供しています。同サービスを利用すると、業者は移転先の事務所で勤務する従業員の数や、どれぐらいの会議室スペースが必要かといった企業特有の要望をヒアリングした上で、その会社にとって最適だと考えられるレイアウトプランを策定してくれ、またその内装の施工管理も行ってくれます。レイアウト策定には様々な調整が必要であるため、これをアウトソースすることで移転作業の事務負荷を大幅に軽減する事が可能です。また、実際の引越し作業についても、通常であれば引越し業者は移転元のオフィスから箱詰めされた荷物を移転先に搬送するだけですが、オプションサービスとしてオフィス機器の設置作業や、開梱作業を行ってくれます。このオプションを利用すれば、移転企業は荷物が全て届いたかどうかの確認だけをすれば良いので便利です。

Copyright© 2018 パーテーションで室内の雰囲気を変える【開放的な雰囲気を保ちたい】 All Rights Reserved.