最新記事一覧

経費を抑えるために

女性

事務所の移転で経費削減

事務所移転の目的は、効率的な経営や好立地への移転、収益向上など様々ですが、事務所運営コストと費用対効果を考えることが重要です。事務所が収益力を伴う場合、好立地な場所に移転する必要がありますが、経理や管理といった事務機能のみの役割であれば低家賃の場所に移転することも検討すべきです。事務機能のみを担う拠点であれば立地は関係なく、できるだけ家賃負担が安く、経費が掛からない箇所への事務所移転を検討しましょう。事務所移転する際に気を付けたいのが、移転する場所の周辺環境です。駐車場が近い、公共交通機関との距離、周辺住民とのトラブル、事故物件でないか、エアコンや上下水道設備が完備されているかなどの点です。現在の契約を確認しておくことも大事です。通常、テナントを賃貸している場合、保証金を出していることが多く、保証金は家賃保証のためのもので、退去精算時に返還されます。クリーニング費用や修繕費として回収されることはできないです。契約内容に保証金を修繕費に充てると記載してあっても法的に認められるものではありませんので、預けてある金額を正しく返還してもらうことです。また、事務所移転先の契約内容の確認もしましょう。近年では、修繕費のトラブルが多く、予め現状回復費として決まった金額を受け、それを返還しないというルールを定めた契約が多く、これも法律では認められていません。契約内容は不動産業者と家主に都合よく書かれているので、よく確認して費用を抑えた移転としましょう。

Copyright© 2018 パーテーションで室内の雰囲気を変える【開放的な雰囲気を保ちたい】 All Rights Reserved.